このページについて

ほぼ完全食と呼ばれることもある酵素玄米ですが、健康に良さそうな響きがするし、よく分からないけど食べると身体に良いんだろうな、といった認識の人が少なくないと思います。

 

このページでは、そもそも酵素玄米とは何なのか、どんな栄養があって、どのように作られているものなのかなどをお伝えします。酵素玄米に興味はあるけど詳しくは知らなかった、という方の参考になれば幸いです。

 

そもそも酵素玄米とは

酵素玄米

 

酵素玄米とは、玄米に小豆と塩を加えて炊飯し、数日保温することで熟成を進めたものを指します。基本的に2〜3日寝かせるので、「寝かせ玄米」とも呼ばれています。熟成させる過程でどんどんと色がついていき、紫色(赤茶色)っぽいごはんになります。

 

酵素玄米になると、玄米と比べて栄養価や美味しさが変わってきます。

玄米を酵素玄米にするメリット

具体的に、酵素玄米になることでどのような部分が変わってくるのかをまとめました。

 

美味しさ

 

酵素玄米ごはんは、ただの玄米ごはんに比べて美味しいと感じる人が多いです。大きな理由は食感で、浸水などを意識せずに普通に玄米を炊くと、ボソボソ・パサパサとした食感になることが多いので、白米に慣れている人には美味しくないように感じてしまうのです。

 

一方で酵素玄米は、作る過程でもちもちとした食感になるため、美味しくないという理由で玄米ごはんを断念していた人も気に入って食べ続けていたりします。

 

栄養と成分

 

酵素玄米の栄養や成分における特徴をお伝えします。

 

メラノイジンを含んでいる

 

酵素玄米を作るときには小豆を投入しますが、この小豆にはタンパク質やペプチド、アミノ酸が含まれています。これらが玄米の糖質と反応することで「メイラード反応」というものが発生し、メラノイジンという褐色物質を生み出すのです。

 

このメラノイジンには強い抗酸化作用があるので、健康や美容に良いと言われているんですね。酵素玄米を保温状態で寝かしておいても雑菌が繁殖しないのも、このメラノイジンの働きのおかげです。

 

必須アミノ酸8種全てをカバー

 

必須アミノ酸とは、体内で作ることができない(あるいはほとんど必要量を満たせない)ために食物から摂取する必要があるアミノ酸のことで、成人の場合は下記8種類です。

 

バリン 肝機能向上や血液中の窒素バランス調整など
ロイシン 肝機能向上や筋肉強化など
イソロイシン 肝機能向上や血管拡張、疲労回復など
トレオニン(スレオニン) 成長促進や肝機能のサポートなど
リジン 肝機能向上や成長への関与など
メチオニン 抑うつ効果や肝機能のサポートなど
フェニルアラニン 鎮痛作用や精神安定効果など
トリプトファン セロトニン生成サポートや安眠効果など

 

実は、酵素玄米ごはんはこれらの必須アミノ酸を全てカバーしている(含んでいる)ため、栄養価が高いと言われているのです。必須アミノ酸全てを日頃意識して生活するのは難しいと思いますが、より栄養価の高い食事をしたい場合には酵素玄米ごはんを試してみるのも良い方法だと思います。

 

そもそも玄米自体栄養が豊富な食品ですが、食感などの理由から食べ続けられないという人もいます。酵素玄米ごはんにすることで美味しく食べられるということは、玄米の栄養を日常的に摂取しやすくなるということでもありますね。

 

当サイトおすすめの酵素玄米炊飯器ランキングはこちら ≫

酵素玄米の作り方

栄養豊富で美味しい酵素玄米ですが、実際どのように炊くのか、その炊飯方法をまとめました。実際に味わってみたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

一般的な酵素玄米の炊き方

 

 

一般的な酵素玄米の炊き方は、下記のようになっています。

 

玄米と小豆を水で洗う

玄米には砂ぼこりやゴミが混入していることが多いので、小豆と一緒に2〜3回ゆすぎ洗いをします。玄米は水を吸収しやすいため、最初の水は汚れが浮いてきたらすぐ捨てるようにしましょう。

 

水と塩を加えてかき回す

かき回すことで玄米の表面に細かい傷が付き、美味しい酵素玄米ごはんになります。かき回す時間は8分間という人もいれば、3分程度にしている人もいます。

 

浸水時間を設ける

普通の炊飯器で酵素玄米ごはんを炊く場合は、浸水時間を設けます。浸水時間に関しては1時間という人もいれば6時間以上設ける人もいて、人によって時間に大きくばらつきがありますので、何回か作って好みの時間を見つけてもらえればと思います。

 

なお、酵素玄米Pro2などの専用の炊飯器を使用する場合は、浸水時間を設ける必要はありません。

 

炊飯する

炊飯ボタンを押して炊飯を開始します。玄米モードがある炊飯器なら、玄米モードで炊きましょう。

 

保温し熟成を進める

炊きあがったら、2〜3日間保温状態をキープして熟成を進めます。1日1回、しゃもじで撹拌をすることで、空気中の好気性菌が混ざり、さらに酵素を生み出していくと言われています。なお、保温温度は73度以上であることが大事とされています。

 

3日目くらいから食べごろになりますので、酵素玄米ごはんの食感と味わいを楽しんでみてください。

 

※専用の酵素パウダーなどを使用した場合は、炊きあがってすぐ食べ始めることもできます。

 

長岡式酵素玄米の炊き方

 

酵素玄米ごはんと言えば、源流とされる長岡式酵素玄米という酵素玄米が有名です。これは、様々な作法を守りながら炊く酵素玄米ごはんで、非常に難易度が高いものです。

 

厳密な炊き方は、川越市にある長岡式酵素玄米の本部「太陽の家」などで行われる講習会で伝授されますが、例として下記のような決まりがあるそうです。

 

  • 専用道具を使う
  • 浄水器を通した(ろ過した)水道水を使う
  • かき混ぜる際は右回り
  • 玄米を洗う時は泡だて器を使う
  • 専用の圧力鍋で炊く間、火力の微調整を行う
  • 自己流でアレンジを加えてはいけない

 

専用の道具としては、圧力釜、保温ジャー、計量カップ、計量スプーン、泡だて器、木製のヘラなどがあり、全て購入すると計8万円程度。一般家庭では、ある程度妥協して代用品を使用することになりそうですね。

 

講習会に出たとしても一回でマスターするのは難しいという声もある長岡式酵素玄米ですが、さらに自己流がアウトなので、正式なものを作るのはかなり難しいことがお分かりいただけるかと思います。

 

酵素玄米Pro2を使用した酵素玄米ごはんの炊き方

超高圧・酵素玄米炊飯器 酵素玄米Pro2 非IH式 4合 ふじ酵素玄米キッチン純正品

新品価格
¥64,800から
(2018/10/12 13:10時点)

 

酵素玄米ごはん専用の炊飯器である酵素玄米Pro2は、簡単な手順で長岡式酵素玄米を再現することを狙いとした炊飯器です。正式な長岡式酵素玄米であれば、重りの動きやタイマーを確認して微調整を加えながら炊かなければいけないところ、酵素玄米Pro2ならボタンを押したら待つだけで酵素玄米ごはんが炊きあがります。

 

興味はあるけど、専用の道具を揃えたり、厳密な作法を守るのが大変そう、という方にはピッタリですね。酵素玄米Pro2を使った酵素玄米ごはんの炊き方は、下記をご参照ください。

 

酵素玄米Pro2の使い方と故障した場合

まとめ

酵素玄米とは、玄米に小豆と塩を加えて炊き、熟成させたごはんのことです。玄米自体が栄養価の高い食品ですが、酵素玄米ごはんにすることでさらに栄養価をアップさせることができます。

 

また、もちもちとしていて美味しさを感じる人も多く、玄米ごはんを続けるのが難しかった人でも続けることができるため、健康的な食生活に繋がります。

 

源流である長岡式酵素玄米は厳格な作法を必要とするため、手軽に楽しみたい場合には酵素玄米Pro2などの専用の炊飯器を使用すると良いかもしれません。

 

「美味しそうだから食べてみたい」という人も、「家族みんなで健康に暮らしたい」という人も、酵素玄米を一度試してみてはいかがでしょうか。

 

当サイトおすすめの酵素玄米炊飯器ランキングはこちら ≫