なでしこ健康生活の使い方と故障した際の対応は?

 

酵素玄米ごはんを炊くことのできる炊飯器「なでしこ健康生活」は、多機能さが強みの一つです。

 

3種類の発芽時間を選べる「発芽玄米モード」や16通りの炊飯を行うことができる「お好み味機能」など、機能が多すぎて使うのが難しいのではないかと不安に思っている人もいるのではないでしょうか。

 

このページではそんな人のために、なでしこ健康生活の基本的な使い方と、万一故障した場合の対処方法についてまとめています。

 

なでしこ健康生活の使用イメージを確認するための参考にしていただければ幸いです。

 

なでしこ健康生活の使い方

まずは、なでしこ健康生活を使った炊飯・調理のやり方から見ていきましょう。

 

なでしこ式酵素玄米ごはんの炊き方

 

なでしこ健康生活は酵素玄米ごはんのことを「玄米酵素ごはん」と呼んでいますが、同じものを指しています。

 

NHKの番組で「もっちり玄米」として炊き方が紹介されている動画がありますので、ぜひ観てみてください。

 

 

なお、公式ページで紹介されている酵素玄米ごはんの作り方は以下の通りです。

 

  1. 玄米を研ぎ洗いする
  2. かき回す
  3. 材料と水を入れる
  4. 「玄米 / 発芽」メニューを選ぶ
  5. 発芽時間を設定する
  6. 発芽炊飯開始
  7. 発芽完了後に炊飯開始
  8. かき混ぜる
  9. 育てる

 

まず玄米を研ぎ洗いした後、玄米と小豆と塩をボールに入れて水を加え、泡立て器で右回りにゆっくり8分間かき混ぜます。

 

小豆と塩は酵素玄米ごはんを作るために欠かせないものなので、どんな炊飯器を選んでも入れるものですね。右回りに8分間というのは、長岡式酵素玄米の本格的な作り方に則っているのかと思います。

 

その後お釜にかき混ぜたお米をセットし、目盛りより少しだけ多めに水を入れます。

 

ここから炊飯器の操作ですが、まずはメニューから「玄米 / 発芽」を選択し、発芽時間を選びます(夏は4時間、冬は6時間が目安)

 

その上で「炊飯」ボタンを押すと、発芽炊飯が始まります。指定した時間を使って玄米を発芽させ、その後自動的にごはんを炊き始めてくれます。炊きあがったらごはんをふっくらかき混ぜればOKです。

 

酵素玄米ごはんは数日寝かせることでおいしさが増していきます。作った日から一日一回かき混ぜて、3日目からが食べ頃です。一週間以上寝かせてしまうのは避けるようにしましょう。

 

ちなみに、なでしこ健康生活は音声ガイド付きなので、下記の動画のように簡単に操作していくことができます。

 

 

音声ガイドは設定で解除することができるので、慣れたらOFFにしても良いですね。

 

普通の白米の炊飯方法

 

酵素玄米ごはんだけでなく、もちろん普通の白米も炊飯することができます。その際は「白米」メニューを使用すればOKです。

 

もちもちした食感が良い時は「もちもち」、雑穀を混ぜる時は「雑穀」を選択しましょう。

 

また、急いでいる時は、「白米」を選択した後に「炊飯 / 早炊き」ボタンを二回押すことで「白米早炊き」メニューになり、いつもより早いスピードで炊飯をすることもできます。

 

圧力調理のやり方

 

なでしこ健康生活は炊飯だけでなく、圧力調理にも利用することができます。上手に使えば、メインのおかずも高圧力を生かしておいしく作ることができるのです。

 

例えば、以下のようなおかずを作ることができます。

 

なでしこ健康生活の圧力調理
※画像は公式ページより

 

圧力調理をするには、メニューで「万能調理」に設定した上で蒸し時間を手動で設定します。

 

たまにはいつもと違ったおかずを食べてみたいという時に、ぜひ使ってみてください。

 

『はじめての酵素玄米』でレシピをチェックしてみよう

 

なでしこ健康生活を購入した時にプレゼントでもらうことのできる書籍『はじめての酵素玄米』には、酵素玄米ごはんとおかずのレシピが40種類載っています。

 

初めてこういった炊飯器を手にして活用方法が良く分からないという人でも、この本を読めば栄養満点の食事を作ることができるようになります。

 

おいしい料理のレシピさえ手に入ってしまえば、あとはその通りに作るだけなので、なでしこ健康生活を使うのが毎日楽しみになりそうですね。

 

なでしこ健康生活の公式ページをチェックする ≫

なでしこ健康生活のお手入れ方法

炊飯器を長く使っていくためには、適切なお手入れを行っていくことが大切です。

 

なるべく簡単にお手入れができるように作られているなでしこ健康生活ですが、必要なお手入れとしては下記画像にあるようなものが挙げられます。

 

なでしこ健康生活のお手入れ方法
※画像は公式ページより

 

箇条書きにすると、お手入れのポイントとなる箇所は以下ですね。

 

  • 内蓋カバー
  • ソフトスチームキャップ
  • 本体背面の水受け / 水たまり防止水路

 

内蓋カバーは毎回の使用後に取り外して簡単に洗えばOKです。ソフトスチームキャップと水受けは台所用中性洗剤とスポンジで洗うか固く絞った布巾で拭きましょう。

 

自動洗浄機能を使用する

 

また、なでしこ健康生活にはメンテナンスをサポートしてくれる自動洗浄機能が備わっています。

 

強力なスチームで殺菌洗浄を行うことができますので、併せて利用することで清潔な状態をキープすることができます。

 

なかなか洗うのが難しい部分もスチームで洗浄できる、嬉しい機能ですね。

故障かな?と思った時は

炊飯器を使っていると、「故障かな?」と思うこともあるかもしれません。故障が疑わしい時にはどうすれば良いのでしょうか。

 

取り扱い説明書を確認する

 

なでしこ健康生活の取り扱い説明書には、想定される症状とそれが発生した場合のチェックポイントが載っています。ここをチェックするだけで、わざわざ問い合わせなくても解決できることがありますので、まずは説明書を見るようにすると良いでしょう。

 

エラー表示についても載っていますので、見慣れない表示が出たときも説明書を参照するのが一番です。

 

それでも原因が分からないときは、説明書に記載されているお客様相談室へ電話して聞いてみることで、解決策を教えてもらえます。

 

公式ショップでの購入なら5年保証なので安心

 

なでしこ健康生活の保証
※画像は公式ページより

 

なでしこ健康生活にはメーカー保証が3年付いていますが、公式ショップで購入した場合はさらに2年プラスで合計5年間の保証を受けることができます。

 

もちろん内釜やパッキンなどの消耗品は有償となりますが、万一自然故障をしてしまった場合に5年間という長期間に渡ってサポートしてくれるというのは嬉しい限りですよね。

 

炊飯器の耐用年数は6年と言われているので、使っている間はほとんどサポート期間内ということになります。

まとめ

多機能な炊飯器であるなでしこ健康生活は、使えば使うほど慣れて便利になっていくこと間違いなしの高スペック商品です。

 

メンテナンスも難しくなく、自然故障時のサポートも5年間と非常に長いので、安心して使っていくことができます。

 

圧力調理を活用すれば出番がぐんと増える炊飯器なので、酵素玄米ごはんを楽しむことはもちろん、レシピを参考にして圧力調理なども試してみてください。

 

なでしこ健康生活の公式ショップはこちら ≫